外壁塗装の相場

外壁塗装を業者に頼む前に、大体工事の費用の相場はいくらぐらいなのか知っておくことは大切です。
業者が提示してきた見積りを見たとしても、相場がいくらなのか知らなければ判断できません。
まず、外壁塗装は塗料の種類によって費用が大きく異なるため注意しましょう。
また、住宅の建坪によって塗装する面積が異なるため、費用に差が生じることになります。

 

最も安い塗料はアクリル系塗料であり、ウレタン系、シリコン系、フッ素系という順番で高くなっていきます。
断熱塗料や光触媒塗料といった特別な塗料はさらに高い費用がかかってしまいます。
15坪の建物にアクリル系塗料を使う場合は目安として約65万円程度の費用がかかり、これがフッ素系塗料となると約90万円近くかかります。
建坪が40坪の場合、アクリル系塗料でも約130万円、フッ素系塗料だと約160万円かかってしまいます。
上記の数字はあくまでも目安であり、建物の状態や形状、面積によって料金は大きく違います。

 

ある調査によると、外壁塗装工事を行った人の半数は81万円から120万円の費用がかかり、残りの4分の1の人が121万円以上か80万円以下の費用がかかったというデータがあります。
相場よりも安く工事をしたいのであれば、業者の選択をきちんと行いましょう。
ただし、安い見積りを提示してきたからといって、それを鵜呑みにしてはいけません。
安くするために工事を手抜きしたり、質の悪い塗料を使われてしまうのでは意味がありません。
相場を参考にしながら、業者の営業マンとよく相談をして、工事について考えましょう。

自分で外壁塗装はしない方がいいの?

自宅の壁の塗装が剥がれたため、業者に依頼するのではなく自分で外壁塗装をする方がいます。
外壁塗装に対する知識や技術を持っている人であれば、自分でやることは不可能ではありません。
特に部分的な補修だけならば、業者にわざわざ頼むよりも、自分でやった方が安上がりです。
ただし、広い範囲の外壁塗装をしなければいけないのであれば、業者に頼んだ方が楽でしょう。

 

自分で外壁塗装をすることにはいくつかのデメリットがあるため、それらを説明しましょう。
まず、素人とプロでは技術に大きな差があるため、自分でやると仕上がりが悪くなる可能性が非常に高いです。
塗装にムラが生じたり、すぐに剥がれ落ちてしまうなど、荒い仕上がりとなってしまうでしょう。
また、自分で作業をする場合は一人で行うことが多いため、作業にとても時間がかかります。
業者の場合は複数の人員を導入して、計画的に工事を行うため最短日数で終えることができます。
外壁塗装に時間がかかってしまうと、塗装が完了していない部分の劣化が進んでしまいます。
普段の生活にまで影響を与えてしまう可能性もあるため、塗装工事はできるだけ早く終わった方が良いのです。

 

外壁塗装はけっして安全な行為ではなく、落下したり、怪我をしてしまう危険性があります。
自分で塗装をして結局失敗してしまうと、それを業者に直してもらうことになり、高額な費用がかかってしまいます。
このようにデメリットがたくさんあるため、できれば塗装は業者に頼むべきでしょう。

外壁塗装をするタイミング

外壁塗装は定期的に行う必要があるのですが、どのタイミングで塗り替えればいいのでしょうか。
基本的には、外壁の塗膜が劣化し始めた時に塗り替えるのが一番よいでしょう。
劣化がある程度進行してしまうと、家の寿命を縮めてしまうため、気をつけましょう。
ちょうどよいタイミングを見極めることによって、家の寿命を長くすることにつながります。

 

外壁の塗膜の劣化は段階を経て進んでいくため、初期段階で見つけることが大切です。
最初は光沢が低下し、その次にはチョーキングが生じるようになり、そこから塗膜が浮いたり、塗膜の剥離が起きるようになります。
これらの段階の中ではチョーキングが生じた時に外壁塗装をするのが一番よいでしょう。
チョーキングとはチョークのような粉が生じる現象のことであり、確認しやすいです。
どうしてチョーキングが起きるのかというと、紫外線などの影響によって塗膜の劣化が進むからです。

 

最後に塗装をしてから、数年経過した場合、劣化が目立つようになってくるため、定期的に外壁の塗装の様子を確認しましょう。
手遅れになる前に発見することができれば、問題なく外壁の塗装を塗り替えることができます。
塗料によってどれくらいの耐用年数があるのか目安はありますが、外壁がどのような環境の中にあるのかによって、耐用年数は変化します。
したがって、耐用年数はあくまでも目安であり、自分で外壁をチェックすることが大切です。
チョーキングを見つけた時には、すぐに業者に連絡をして、外壁塗装をやってもらいましょう。

更新履歴